ワンストップ
ソリューション

  • HOME
  • ワンストップソリューション

緊急通報の流れ(ワンストップソリューション)


例)自動車業界

【お客様が自動車事故に遭われた場合】
従来の流れでは、ご自身で110番、119番へ通報、事故受付への連絡必要に応じてレッカーへの連絡等、多くの対応が必要です。慌てている状況において、冷静に対処するのが大変な負担になります。
そこでIoTの技術を活用し当社が窓口になることで公的機関への連絡から事故受付やレッカー手配まで一括で処理される一貫したサービスを提供しております。

【サービスの流れ】※道路交通法72条に基づき交通事故発生の際はお客様から110番通報をお願いします。お客様が携帯電話を所持していない等のやむを得ない場合、必要に応じてプレミア・エイドから代理で110番通報をします。
※あおり運転等の被害に遭われた際、手動通報をするとプレミア・エイドはお客様の生命・身体・財産を守るに資するアドバイスを行います。お客様から警察に通報できない、現に切迫した危機がある等のやむを得ない場合、必要に応じてプレミア・エイドから代理で110番通報をします。なお原則、車を停車いただき、その位置を警察に連携します。
※緊急車両の出動は消防・警察の判断によりますので、お客様、プレミア・エイドからの通報により消防、警察の出動を必ずしもお約束するものではありません。