プレステージ・インターナショナルグループとの連携オペレーション

緊急時の受付窓口を一本化し、効率の良いオペレーションを行います。

緊急通報を取り入れたサービスのワンストップソリューションのファーストコンタクトは緊急通報センターが理想です。
消防・警察など救援機関への連携は警備業認定会社から行う必要がある為、警備業認定の資格を有する当社にてファーストコンタクトを行います。

プレミアロードアシストとの連携

プレミア・エイドの関係会社であるプレミアロードアシストは『新しいロードサービスの創造』 をキーワードに、ワンランク上のサービスを提供致します。 プレミアロードアシストは全国28拠点にて下記のサービス提供を行っており、「人に対するケアサービス」をハイレベルで提供できるよう、品質管理部を中心に社員教育を充実させ、顧客満足度の向上とブランド力の強化を図っております。

首都高速道路対応

2012年4月より首都高速道路様の協定会社として認定いただいております。
西東京管理局、東東京管理局、神奈川管理局、3エリア全てに認定されました。

現在、3台の緊急指定車両を中心に業務を行っております。

 

迅速な対応を可能にするITシステム

Premier Call

主軸となる機能である”事故位置情報つき音声通話サービス”に加え、運転者の操作により事故状態の画像、動画も送信することができます。オペレーターは現場状況を理解した上で対応することができ、対応時間の大幅な圧縮も実現可能となります。

緊急通報(E-call)コールセンターシステム

緊急通報受付・要請システムPamNas(パムナス) *Premier Aid Mayday Network Assist System

当社で採用している緊急通報受付・要請システムがPamNasです。
車載ユニット、ドライブレーダーなどのデバイスから送信された事故情報を受信し、連携された情報をもとに車両の位置や状態、管轄消防・警察を表示します。同時に、お客様との会話からオペレータが救助に必要な情報を追記し、情報連携を行うためのシステムです。

位置情報特定

事故のあった位置を緯度経度から特定。同時に進行方向も判断可能な仕組みを持ち、 迅速な救助を可能とする。

車両トラブル状態表示

事車両から送信されたデータを表示し、救助のためにヒアリングした内容を追記。 的確な救急対応を可能とするための情報を集約する。

管轄の消防・警察本部を特定、並びに要請

事故車両の位置情報から管轄消防・警察を特定し、事故情報の連携と要請を行う。

契約者情報表示

車両の契約者の情報を表示し、事故時の運転者を特定する情報として活用する。

病院連携

D-Call Netの仕組みを利用し乗員の重症確立を算出・判定によりドクターヘリの要請を行う。契約者情報をもとに電子カルテ連携を行いより迅速・適切な対応を行う仕組みを将来構築予定。